スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターのアカウントについて。

以前より使っていた@kuronekomasterのアカウントが。


アルファ化していた広報アカウント@kuronekomastersとの使用目的が被っているとの事で。


ツイッター社より規則違反との指摘を受け、どちらかを残す事を迫られ旧アカウントの凍結を選択しました。


漆黒さんやフォロワーさんとの画像や思い出も含め色々と見れなくなってしまったのは悲しいですが。


改めて新アカウントの方をよろしくお願いします。


なおRTなどが多くTLを圧迫しがちなので、フォローしてもRT非表示などをお勧めします。

笑顔

スポンサーサイト

ネットの台頭と原理主義化について。

以前にも過剰な愛国心や差別に対する権利意識への疑念を書いたが…。

http://kuronekomaster.blog54.fc2.com/blog-entry-100.html


713984029.jpg


予想通りヘイトスピーチ(憎悪表現)解消法は双方から過激な者を炙り出す役目を発揮しているようだ…。


【川崎デモ中止事件】産経報道:ヘイトスピーチ…川崎・渋谷で大混乱

「ヘイトデモやめろ!」飛び交う怒号 専門家「現実主義者がかじを取ってくれれば」[H28/6/6]

http://www.himajinnnotameno.com/archives/7056058.html


あくまでも言葉なのだ…相手が気にしないのであれば、本来取り締まると言うまでの代物ではない。


だが言葉に対する思いは正に人それぞれなのだから、温度差が出てしまうのは解る。


大なり小なり侮辱に憤りを覚えない人間は超人だろうし、態度によっては相手を見下して居る様に感じられてしまうかも知れない。


だが、言葉より『殴られた方がマシ』だと言ったり、『殴ってしまう』人は、自分が強い立場の存在でしか無い事を思い出して欲しい。


保守にしても革新にしても、弱い立場の為に立ち上がると言うのなら、何があっても言葉に暴力で返しては成らない。


そうだ『殴れるのは』、『殴られて平気なのは』、当人が強い存在だからなのだ。


その憎悪の悪循環は最終的に弱い者へと向かう。


法治国家であるのなら実力を行使していいのはどうあっても警察などの権力者だけで、それ以外の者が振るえば罪に問われるべきである。


そして、今回の問題は暴力ではなく、暴言まで取り締まりの対象としてしまった事にあるのだ。


言い合いになってしまえば警察もどちらの見方をすべきか判断のしようがないのだ。


CFsgGKeUUAIvl4v.jpg


とても不安定な状態だが、私は右翼でもなく左翼でもない。


かと言って中道を謳うほど、事なかれ主義とも限らない。


自ら政治家を目指す身だ、独自の思想を持っている。


それを『双翼思想』と呼ぶ事にした両極端でも真ん中でもない。


端から端まで意見を聞いて、場合によっては新しく考えて、一番良い解決策を出す事。


先見性に頼らない事を主眼に置いた弁証法の極致を目指している。


CFsgF06UMAAeQ9N.jpg


ネットによる情報過多の社会で人は簡単に自信を賢者だと錯覚してしまう。


それだけなら良い、確かに現代人は古代の人間よりも多くの知識を身に付けている。


だが、それを扱う人間性の部分はどうだろうか?


意見や価値観、立場や損得が違う相手を簡単に『愚かで悪い』と決めつけてしまっていないだろうか?


CCXeBI6UsAA1oBb.jpg


勿論、私もそうなのかも知れない、ただそれを言い出せばキリがないのだ。


揺るぎ無い事が正しいと思い込んだ原理主義は、向かって来なければ自分が正しいと思い続けるし、抗って退かない相手は例え理屈を伝えても、相手は『間違っているから、間違っている』と判断する。


人は簡単に『自分で見出した真実』に従い、一歩も譲ろうとせず、かと言って『それ以外の真実』など絶対に無いと否定し続ける。


全てが玉虫色でちゃんぽんで良いとは言わないが、利害が異なる場合などは互いの極論が正解の方が少ないだろう。


少しずつ譲り合うにしろ、どちらかで押し切るにせよ、まずはいがみ合う前に互いの話を聞き、知識を知恵を絞り合うべきなのだ。

愛国心を持っていると自負する方にこそ一度読んで欲しい。(再掲載)

重要記事の再掲載です。

(前回に引き続き、畑違いの国政についての記事ですが、一人の日本人として書かねばならないと思った事なのでお付き合いくださると嬉しく思います。)


戦後も70年を向かえ、日本は安倍談話と言う『戦後の終わりを意味する転機』を迎えた。

CMC4YyRUMAAtSW-.jpg


近年、国政において自民党が圧勝しているのは、日本人誰もが多かれ少なかれ『愛国心』について意識をし始め、実務能力や理念においてその受け皿となりうる政党が他になかった結果だと思う。
選択肢がなかったと言う点は国民にとって不幸であり唱えたい気持ちもあるが、そこは前回軽く触れたし、今回書きたい内容はではないので、深く書くにしてもまたの機会にしたい。


そう近年になって日本人がおぼろげながら意識し始めた『愛国心』とは一体なんなのかと言う話だ。
勿論、天皇陛下を敬う気持ちも愛国心もあるつもりだが、私はバリバリ保守の人のように『天皇陛下の為に~』と言う形だけにそれを限定する気は無い。

『世界中の国の人にそれぞれの愛国心がある』と思っているし、『日本人の日本に対する愛国心でさえ形は一人一人違っていて当たり前』だと思っている。
そもそも入れ物である人間の形が人それぞれなのだ、『愛国心』に限らず『思い』と言う形の無い物を満たしてもその人なりの形や濃さになるのは当たり前だし、借り物・貰い物の思いを胸に多くの人が動かされるの愚かさは、誰だって解る事だろう。

B6e_b1kCEAA2tjp.jpg


もちろん愛国心に限らず多くの思いは貰い物や借り物から始まるのが当たり前だ。
幾らなんでも『愛国心』(と言うより日本その物)と向き合う天命を抱いて産まれ来るのは陛下を始め御皇室の方々だけであると思う。

そして、逆に日本人であってもなくても『愛国心』と言う言葉を聞いただけでヒステリーを起す様な人はどうでも良い。
(ここまで読んでくれている人には居ないと思うが)互いの為に、日本には可能な限り関わらず自分の好きに生きてくれ。

出生や血統・人種などで不合理な差別をする気はさらさら無いが、国籍で日本人とは当然の区別はするし、一緒にする事こそ善良な日本人や外国人に対する逆差別だと断言する。
心の中に別の祖国を抱いて行動したり、日本に対し悪意を持って挑むと言うのであれば、私は一人の日本人として、そんな人達を絶対に許さない。

713984029.jpg

だがここまで私と同じ思いだと、愛国心と言う名の使命感に燃える方々にこそ、今一度自分を見つめ直して欲しいと思う。
私を含めた、誰かの為に考えを変えろとか反省しろ言っているのではない。

あくまで自分の胸に抱く思いを分析し、今まで以上に強く確固たる思いとするために、一度と言わず何度でも見つめ直し続けて欲しい。

いわゆる敵国や売国奴と思う輩への怒りに燃えるているだけで、愛国心を名乗ってはいないだろうか?

正直、恥ずかしい話だが、私にだってそんな時はあった。
むしろいつでも中韓やそれらの為に蠢く売国政治家に呆れているし、最近でも『切腹』の意味を知ってか知らずか、日本人を侮辱したロシアの副首相には『ウオッカ飲んで寝てろ!』と怒鳴りつけたい気持ちになった。

c69si9.jpg


だが、怒りに始まったとしても、怒りに飲まれ我を忘れたとしても、いつまでも怒りのままで動き続ける必要はないのだ。
そんなモノで集った人達は、目的を達成した時、もしくは達成できないと諦めた時、別の矛先に怒りを向ける暴徒と化すと思う。

確かに難しい事ではあるが、キチンと怒りを分析して欲しい。
許せない相手だけを見るのではなく、そう憤った自分を思い出して欲しい、そして誰にだってそこに思いを馳せる何か大切な人や物がある筈だ。

すぐには思い出せないかもしれないし、別に間違っても、別に何度訂正しても良いから探して、探し続けて欲しい。

そんな人はそうそういないが、もしそれが本当に無かったとしたら、その怒りは単なる自分の境遇などに対する憤りの捌け口でしかない。
むしろ、自己の利益の為に日本を貶めても良いと考えている売国奴の方々と同レベルで、そこには愛国心などと言う輝く物は無い、そこにあるのは単なるやっかみで同族嫌悪だ。

あなたの『思い』『愛国心』の原点はなんですか?
この記事は私の原点なので読んでいただけるととても嬉しく思います。

11050597_1836033026_79large.jpg

とりあえず話を進める為に要約すると、『松戸と言う街に対する郷土愛』が私の原点であり愛国心の源と言う話。
さらに言えば『家族と眺めたの思い出の展望』かも知れないが、それに加えて、愛する家族(漆黒さんなど人に限らない)や大切な物や気持ちを守る為。

≪我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか≫
ゴーギャン展サイトより
http://www.nagoya-boston.or.jp/gauguin/guide.html

別に絵画の知識なんて皆無に等しいが、そんな私でもこの絵画のテーマである『人はどこから来て、どこへ行くのか?』と言う有名な自問くらいは常に念頭においている。
(高校時代に読んだ少年漫画プロジェクトアームズがきっかけだったのは完全な余談ですが。)

譲れない想いが人には必ずあると思う。

どこから来て、なんなのか、そしてその先に何を目指すのか。

答えを見つけてくれると、きっと未来はマシになると信じている。






と言う事で、日本国民の皆さんは日本の為を思い白き一票を各々の選択肢へどうぞ。
外国の方は自国への政治に参加してください。無い場合も先人達を見習い努力を惜しまず前向きに、と心からのエールを送ります。

そして、
松戸市民の皆さんは松戸だけでなく我が愛猫=漆黒さんの為にも、『鈴木遼平』の支援をよろしくお願いします。
選挙は昨年落ちたばっかりなので『黒き一票』のお願いは当分先になりますが。
b45o70.jpg

コネはないけどネコはいる!時の歯車を再び動かすべく市政を目指すよ。 (再掲載)

一番重要な記事ですので定期的に再掲載しております。 


心の中に広がり続ける景色、思い出の場所はありますか?
11050597_933971488_153large.jpg


私は1987年に生まれてから26年間ずっと松戸で暮らしてきました。

日本と言う国を愛する心も人には負けないつもりですが、それ以上に松戸に対する思いは強く、譲れないものがあります。

そんな私の郷土愛の原点になっている景色が、子供の頃年に一度、両親に連れて行ってもらった、スカイラウンジからの展望なのです。

11050597_1836033026_79large.jpg



年長者の方にとっては大して印象に残っていないかもしれません。
私より若い方や、最近松戸に来た方は行った事がないかもしれません。

それでも私のようにあの一時間で一周する回転展望レストランにて、家を、学校を、大切な場所を探した方は少なくないと思います。


今は駅の近くに住んでいる私ですが、子供の頃は駅から少し離れた二十世紀が丘で育ちました。

それだけに映画館もあれば、プラモ屋さんもあり、東西にそびえる大型スーパーの中にはそれぞれ家電店が入っていて、夏には屋外プールがある…。

幼い私にとって、まさに松戸は輝く都会そのものでした。

そして、松戸に高くそびえたつあの場所から見る光景こそが、世界の全てでした。

スタバ



バブルの残骸と言えばその通りかもしれません。

スカイツリーなどと比べればちっぽけなシンボルですし、回転展望レストラン自体、そこまで珍しいものではないかもしれません。

それでも他の場所ではなく、松戸にそびえたち、ここから見える光景が、松戸という街なんだと言える場所は他にありません。


仕事に疲れながら常磐線で松戸に戻ってくると、そんな思い出の灯台の灯は消えたままです。

私にはその光景が成長していく柏などの近隣都市に追い抜かれ、少しずつ荒廃していく松戸の今と重なって見えます。

そうスカイラウンジこそが、止まり錆付きつつある松戸を象徴する、『時の歯車』だと私には思えてならないのです。

IMGP7296.jpg



私は家柄も普通なら、学歴もなければ、お金もない、ないないづくしの若造ですが、この松戸にかけられた呪いを解くために市政を志しています。

松戸が再始動するその象徴として、スカイラウンジを再び動かそうと思っています。

そして松戸市民の皆さんに愛する街の本当の姿を、あの頂から眺めて欲しいのです。


馬鹿と煙とついでに猫は…と言われるは百も承知でお願いします。

私と漆黒さんの荒唐無稽な野望にどうかアナタの力をお貸し下さい。

20100710144032.jpg





ニューオータニさんが経営していた頃の名前は『ブルースカイラウンジ』と言ったそうです。

漆黒さんの闇の力を借りて蘇る古の時計塔は『ダークスカイラウンジ』という名前にして欲しいのですがどうでしょうか?


市営でやるからといって赤字など出しては困りますから、記念日に使いたいレストランという事で、料金は高めに設定し、それに見合うだけの味やムードを提供する方がいいと思います。

同時に市内在住の家族は誕生日に9割引!などと言った市民への還元で松戸市民の憩いの場を提供できればと思います。

そして他の飲食店の皆さんも「松戸のシンボルレストランはあの値段なんだ、ウチも高い食材仕入れて頑張ってみるか!」とチャレンジしてくれるのが理想ですね。



悪代官は別としても、真面目で正しいだけのお偉いさんが無駄なく行うだけの政治の先に、アナタの笑顔がありますか?

私と漆黒さんは常識を打ち破るオカシナ政治で松戸を日本で一番笑えるマッドシティにする事をここに宣言します。
11050597_1772337992_141large.jpg


更新不精による広告対策の為に再掲載。



松戸ライフプロジェクトさんより私と漆黒さんの動画を作成していただきました。




松戸の活性化に貢献できているのでしょうかね?汗

松戸市議選出馬より一年が経ちました。

まずは自己の見直しと成長をと言う事で、一年下地作りをして来ました。
根本の部分は変りませんが、選挙方針など大幅に軌道修正を試みます。
このブログを閉鎖する予定はありませんが、新しくWebサイトの開設を試みております。
また改めてお知らせをさせていただく予定です。

きっと前回当選できていたらやれた事もあったでしょう。
確かに悔しさは今でもあります、ですがきっと天狗に成っていた事でしょう。

もう乗り越えて精進を続けています。成ってからも天狗にならずに頑張れるとは思います。
生まれ変わった『黒猫使いの鈴木りょうへい』にどうかご期待下さい。

Twitter...
プロフィール

黒猫使いの鈴木

Author:黒猫使いの鈴木
その名の通り黒猫を使います。

松戸近辺で宣伝・イベント・パーティを行う際、黒猫が足りなければお気軽にお声掛けください。
幼稚園や小学校のクリスマス会などにも出向きます。

世界一可愛いウチの猫を自慢しつつ、生まれ育った松戸に『夢と誇りと微笑み』を取り戻す為、皆の退屈と闘います。

コスプレイヤーさんとよく間違われますが、愛猫を引き立てるために仮装しているだけなのでちょっと違うと思われます。

コスプレイヤーよりローカルヒーローを目指したいと思います。どちらかと言うと都市伝説の怪人に近いですけど。

基本的に宗教やセールスとは関係がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。